2017年06月03日

6月、フィラリア

相変わらずブログはサボっています、木納です。
6月、7月は学会やら勉強会やらで不定期の休みが多くなっていますので、詳しくはホームページ( http://www.lita-pc.com )をご覧ください。

話変わって今年の予防、お済みですか?
蚊に刺されると感染ることがあるフィラリアの予防のシーズンはもう始まってます。
今年も残念ながら、予防を忘れてフィラリアがわいてしまった仔が来ました。
その犬の血液を見るとフィラリアの子供、ミクロフィラリア(mf)が見えます。
下の画像は実際、5月に来た犬の血液を顕微鏡で見たものです。
(スマホ動画で小さいかも)

こちょこちょ動いているのがmfです。

これを蚊が血を吸うときに一緒に吸い上げ、蚊の中で少し成長して、次に血を吸うときに置いていくんです。
置いていかれたmfはすぐに何か起こすわけではありませんが、そのまま放置すると肺に向かう血管にフィラリアがわいてしまうという訳です。P6030001.JPG
これは手術で取り出したフィラリア、1匹だいた15cmくらいです。大きい犬でも小さい犬でもわく虫の大きさは一緒です
外飼いはもちろんですが、室内の仔でも予防はしましょう。みなさん室内でも蚊に刺されるでしょ?室内だから感染しないなんてありえない話です。

ちなみに犬山は毎年数件、フィラリアに感染している犬をまだ見ます。最近は江南、一宮でフィラリアに感染している仔が増えているとその地域の獣医師が言っていました。どうやら訪問販売で適当な薬を置いていく輩がいて、それが一因になっているかもとのこと。

フィラリアの予防は飲み薬や注射などいろいろなものがありますが、予防される前には必ず動物病院で検査を受けましょう。もしフィラリアがわいている状態で予防薬を飲むとショックを起こす可能性があります。最悪死にます。
フィラリアの予防薬は正規品を使いましょう。実際の経験談ですが、ある病院でフィラリアの予防薬として処方され、飲んでいたにもかかわらずフィラリアがわいていた犬がいました。オーナーに罪はないんですが、非常に残念ですよね。
posted by リタ at 10:23| Comment(0) | 診察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

熱中症

4月で急に暑くなったりしたせいか、4/9の日曜日に熱中症で緊急来院されたワンちゃんがいました。
なんとか一命は取り留めましたが、一時は電子体温計で検温できないほどの熱を持ち、命が危ぶまれる状態でした。
 
夏場は暑いのでみなさん気をつけていますが、意外に春先からGWに熱中症で運ばれてくる仔、いるんですよね。
3月末の天気予報で『4月から急に暑い日が来て、熱中症に気をつけて』なんて言っていたのがまさか本当に起こるとは思ってませんでした。

みなさん、ご注意ください。おかしいなと思ったら水風呂入れてみたらいいと思います。
posted by リタ at 10:57| Comment(0) | 診察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

最近のデンタルケア・新しいガム

急に冷え込んできた・・と言ってももう11月ですね。お久しぶりです

最近は当院のトリミングの方もかなり定着してきましたが、もう一つ、歯磨き教室の方もだいぶ定着してきたようで、ご予約の方がかなり増えてきました。
以前行っていたパピー限定の歯磨き教室から、個別指導に切り替え、ここひと月で30件ほどご指導させていただき、皆様の歯科への興味、歯磨きしたい!という気持ちの高まりを感じる日々でございます。最初っから歯磨きできる子は少ないので、ちょっとやってみようかな?と興味を持たれた方はお電話ください。

また例年行っております、歯科キャンペーンも11月くらいから始めようかなと思っていますので、またそちらもご利用ください。

さて、最近手に入れた歯垢を見るブラックライトなるものがありまして、それを使ってうちの犬の口を見てみました
PA250003.JPG
PA250004.JPG
ピンクに見えるところが歯垢です。結構みがき残してますね。

ちょっと歯磨きして見ると
PA250007.JPG
結構落ちました。この上顎の奥の大きな歯は一番歯垢、歯石がつきやすいので、歯磨きするときは気をつけて磨いてみてください。

歯磨きはなかなか・・・という方にはガムを勧めています。ガムもいろいろありますが、今一番のお勧めはこちらですね。
オーラべット集合右振り高.jpg
oravetというガムですが、効果も嗜好性も噛み具合もバッチリ!ただいま、うちの犬でどれくらい歯垢・歯石の付着を予防できるかお試し中です。除去興味のある方は当院に各サイズ揃えておりますので一度ご来院ください。
歯磨きがベストなのは間違い無いですが、補助的なものでこちらを使うとなおいいかもしれませんね。

因みにいつも言っていますが、市販の『ガム』とは名ばかりの歯に悪影響を及ぼすものにはご注意ください。
簡単に言えばハサミで切れないものは犬の歯には固すぎて、歯が削れます。
先日、歯科処置で歯石を除去し、歯肉縁の汚れや傷んだ組織を取り除いた犬の口腔の写真がこちら。
出血しているのは歯肉の縁を綺麗にするキュレッタージという処置をしたためです。
PA240010.JPG
歯の山の部分が全部削れています。これは市販の白い硬いガムを噛んでいた結果です。犬は喜んで硬いもの噛みますが、歯に対して良いことは全くありませんので気をつけてください。

posted by リタ at 10:42| Comment(0) | 診察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする