2016年10月28日

最近のデンタルケア・新しいガム

急に冷え込んできた・・と言ってももう11月ですね。お久しぶりです

最近は当院のトリミングの方もかなり定着してきましたが、もう一つ、歯磨き教室の方もだいぶ定着してきたようで、ご予約の方がかなり増えてきました。
以前行っていたパピー限定の歯磨き教室から、個別指導に切り替え、ここひと月で30件ほどご指導させていただき、皆様の歯科への興味、歯磨きしたい!という気持ちの高まりを感じる日々でございます。最初っから歯磨きできる子は少ないので、ちょっとやってみようかな?と興味を持たれた方はお電話ください。

また例年行っております、歯科キャンペーンも11月くらいから始めようかなと思っていますので、またそちらもご利用ください。

さて、最近手に入れた歯垢を見るブラックライトなるものがありまして、それを使ってうちの犬の口を見てみました
PA250003.JPG
PA250004.JPG
ピンクに見えるところが歯垢です。結構みがき残してますね。

ちょっと歯磨きして見ると
PA250007.JPG
結構落ちました。この上顎の奥の大きな歯は一番歯垢、歯石がつきやすいので、歯磨きするときは気をつけて磨いてみてください。

歯磨きはなかなか・・・という方にはガムを勧めています。ガムもいろいろありますが、今一番のお勧めはこちらですね。
オーラべット集合右振り高.jpg
oravetというガムですが、効果も嗜好性も噛み具合もバッチリ!ただいま、うちの犬でどれくらい歯垢・歯石の付着を予防できるかお試し中です。除去興味のある方は当院に各サイズ揃えておりますので一度ご来院ください。
歯磨きがベストなのは間違い無いですが、補助的なものでこちらを使うとなおいいかもしれませんね。

因みにいつも言っていますが、市販の『ガム』とは名ばかりの歯に悪影響を及ぼすものにはご注意ください。
簡単に言えばハサミで切れないものは犬の歯には固すぎて、歯が削れます。
先日、歯科処置で歯石を除去し、歯肉縁の汚れや傷んだ組織を取り除いた犬の口腔の写真がこちら。
出血しているのは歯肉の縁を綺麗にするキュレッタージという処置をしたためです。
PA240010.JPG
歯の山の部分が全部削れています。これは市販の白い硬いガムを噛んでいた結果です。犬は喜んで硬いもの噛みますが、歯に対して良いことは全くありませんので気をつけてください。

posted by リタ at 10:42| Comment(0) | 診察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする